生まれたての源泉に浸かる
『奇跡の温泉』

温泉は新鮮であればあるほど効果があると言われています。
地獄温泉青風荘のシンボルである『すずめの湯』はまさにその鮮度の部分において他の追随を許さない温泉ではないでしょうか。

お客様が浸かる『すずめの湯』の浴槽は源泉です。足元からぷくぷくと源泉が湧き出ているのを感じられます。加温、加水もせず人が入れる状態にあるというまさに奇跡の温泉。 その鮮度の良い温泉成分は入ってすぐじんわり肌に染み込むのを感じることでしょう。

また、湧く場所によっても泉温が異なり、まさに源泉に浸かるという醍醐味を味わえます。

新しくなったすずめの湯

震災から丸3年。
2019年4月16日にようやくすずめの湯はスタートすることが出来ました。

今までのすずめの湯は皆様から愛された『混浴温泉』でした。
すずめの湯のメインである露天は混浴、女性専用の利用時間も設けておりましたが、どうしても利用に躊躇してしまうという方も多くおられたのが現状です。
この度の震災を経て地獄温泉青風荘.が一度リセットされた状態になりました。

復興に向けて今までのすずめの湯を、そのまま復活させることも考えましたが、今までのお客様の声を活かし更に多くの人から愛される温泉となるために決断しました。「誰しもが気軽に入れる温泉」これがすずめの湯の進むべき道と私達は考えました。温泉好きの方には申し訳ないですが、今後湯浴み着を着て入ることで老若男女誰もが周りを気にすることなく一緒に奇跡の温泉に浸かることができる温泉に。さらにはトランスジェンダーの方々にも周りを気にすることなく温泉を楽しんでいただける。これが本当の意味での誰もが楽しめる温泉ではないかと私達は考えます。

復興の第一歩としてまずは「すずめの湯」から。また、浴槽にあった区切りをなくし、広々とした浴槽に。男女別で入れる内湯も一新して、木造とRC(補強されたコンクリート)の融合した震災にも耐えられる施設としました。今までのお客様も、これから利用されるお客様も皆様に愛される温泉として更に進んでいきます。